前の10件 | -

当世書生気質 第十七回(四) [坪内逍遥]

其シスタアの一件じやァ。或は君の手を勞しなければならんもしれんし。且はフハザアにもあつてくれたまへ。純たる天保度の人間だから。逢っても面白くはなかろうけれども。頗る書生風の氣性だから。



nice!(0)  コメント(0) 

当世書生気質 第十七回(三) [坪内逍遥]

扨其次の議論の如きは。僕ア決して服さないヨ。第一ロジツク[論理]が間違っている。いゝかい。君は藝妓輩をワイフ[妻]にするのは。處世の障碍になる。恥辱だといふが。

何故シンガアをワイフにすると、dishonorになるのであるか。
このブルウフが出来ない以上は決して。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

当世書生気質 第十七回(二) [坪内逍遥]

女さかしうて牛賣り損ふとは。昔からいふ事だが。兎角日本の婦人は困るヨ。前後の得失を少しも見ないで。たゞ一旦の情に任せて。餘計な世話をしたり。周旋をするから。君だからお話をするが。實ア・・・・


nice!(0)  コメント(0) 

当世書生気質 第十七回(一) [坪内逍遥]

文意を文字通りにみや賀の兄弟
 そぞろにコレラ病の報知におどろく


nice!(0)  コメント(0) 

当世書生気質 第十六回(三) [坪内逍遥]

 證據となるは母親が最後に残せし短刀のみ。其短刀の紋所は外に試しを見しなき六ツ鱗の紋章ゆゑ是をたよりに血筋の人にめぐりあわんと此年頃心に念じて俟折から圖らず守山友芳が其友人に誘はれて角海老樓に登樓なし此皃鳥を敵娼とし一夜の客となりたりしを心ともなく氣をつくれば不思議や羽織の紋所が彼の短刀の紋に似たり。


nice!(0)  コメント(0) 

当世書生気質 第十六回(二) [坪内逍遥]

 ヲイ守山。君に話して驚かせることがあるよ。
 え。なんだ。
 此事は早速君に知らせようと思って居たがネ。財政困難の一件から。君の羽織を典じてしまって。持つてくる事が出来ないもんだから。ツイ/\・・・


nice!(0)  コメント(0) 

当世書生気質 第十六回(一) [坪内逍遥]

黒絽の薄羽織を媒介にて薄からぬ縁因をしる守山と倉瀬の面談


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

当世書生気質 第十五回(三) [坪内逍遥]


nice!(0)  コメント(0) 

当世書生気質 第十五回(二) [坪内逍遥]


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

当世書生気質 第十五回(一) [坪内逍遥]


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。